組合情報ネットワーク講習会を開催いたしました

3月22日(月)日新電機アカデミー研修センターにて 組合員25社が参加し「組合情報ネットワーク講習会」を開催いたしました。

村木技術情報委員長からの開会挨拶

コロナ禍を契機にビジネススタイルの大きな変革があり、リモートワーク等を含め、今後日常業務においてITが汎用され定着することが予測されます。更に、国が推し進めている「デジタル化」の流れのなか「働き方改革」とリンクしてITを活用したビジネススタイルが標準化されると思われます。 

これら現況において、中小製造業で構成される弊組合の健全な維持・発展・活性化を図る目途で、新しい組合情報ネットワーク(システム)の構築を図るため組合員にiPadを貸与し、新しい組合情報ネットワーク(システム)の構築を図ることを目的と致しました。

(協)京都コンピューターシステム事業協同組合 桂田理事長様に「ipad使用方法並びにzoomを利用したweb会議について」とても分かりやすく講演頂きました。

事業開催にあたり当初からご指導下さいました日新電機㈱調達部池内主任様からのお言葉

なお、この事業は、令和2年度第2回臨時総会(2月3日開催)におきまして、二次補正予算並びに特別会計予算案についての議案議決を行い承認されたことを受け、中小企業等を構成員とする業種別団体等に対する補助金制度である「京都市業種別団体等活性化支援事業補助金」を活用致しました。 

日新電機㈱(調達部、情報システム部)様、京都府中小企業団体中央会様、京都市様のご協力を賜り、これらの事業を行うことが出来ましたこと改めて御礼申し上げます。

ipad貸与に関する説明と閉会挨拶を行う小林総務委員長

これからも組合員一同連携を深めながら「新常態ニューノーマルを創造すること」に 力を注いで参りたいと思いますので 今後とも皆様のご指導ご鞭撻のほどお願い申し上げます 

(記 協力会事務局 遠山 あゆさ)

「京都市 輝く地域企業表彰」~ 協力会組合員5社が表彰されました ~

「2020年度 京都市 輝く地域企業表彰」に協力会組合員5社が表彰されました。

この表彰は、地域に長年親しまれている事業者をはじめ、安心安全への貢献、文化の継承、自然環境の保全、多様な担い手の活躍支援等、地域に根差して企業活動に取り組まれている事業者を京都市が表彰するものです

受賞された ㈱荒木電器製作所さん 近藤製作所さん ㈱セノオさん 上田鍍金㈱さん

受賞された㈱小山製作所さんが 協力会受付に寄付くださった飛沫防止パネル

(あいうえお順)

★㈱荒木電器★アッセンブリー専門の視点で、「製造」「検査」「出荷」までの一貫作業をいかに効率よく進めるかを意識してものづくりを行っていらっしゃいます。電子除湿器は量産体制を確立されました。

★上田鍍金㈱★ミクロン単位の金めっきエリアを実現する技術を駆使し、モバイル機器の小型化、薄型化に貢献され、私たちの暮らしに欠かすことが出来ない通信機器を安心安全にお届けする事業を行っていらっしゃいます。

★㈱小山製作所★幅広いプラスチック加工を手掛けられています。昨今問題となっている後継者不足を「手作業」と「機械化」「伝統」と「革新」を融合させ事業承継を着実に進めていらっしゃいます。

★近藤製作所★人と自然を大切に、地域に根差し繋がりながら「京都地域企業」として継承・発展されてこられました。常に工夫を重ね、切削・プレス・板金加工・組立作業の「複合化」を実現され世界に一つの電器部品を形にされます。

★㈱セノオ(※特別賞受賞)★ 日本で唯一と言っても過言ではない絶縁紙加工技術を自助努力で開発されました。薄いコンデンサーペーパーはもちろんのこと厚いプレスボードの折り曲げ・切断・切削加工技術は、電力の安定供給をお届けする事業に貢献されていらっしゃいます。 

今年度はコロナ禍の影響で 残念ながら表彰式は開催されませんでしたが、受賞者皆様のバラエティに富んだ技術と技能は私達の暮らしに欠かすことの出来ない電力や通信機器の安定供給を支えて下さっているんだと改めて協力会の事務局を務めさせて頂いていることに感謝の気持ちを再確認致しました。

受賞者の皆様 おめでとうございました!!

(記 協力会事務局 遠山)

協同組合日新電機協力会・青年経営研究会 「京都ビジネス交流フェア2021」に出展

2月18日(木)・19日(金)の2日間、京都パルスプラザで「京都ビジネス交流フェア2021」が開催され、協同組合日新電機協力会と青年経営研究会が出展しました。

京都ビジネス交流フェアは、B to Bに特化した京都最大級の展示商談会で、22回目の開催となる今回は京都府内の「ものづくり/情報関連企業」が146社・20団体出展しました。

協同組合日新電機協力会出展ブース

青年経営研究会出展ブース

 2005年の初出展以降、協同組合日新電機協力会では活動内容および会員企業の紹介と、会員企業のさまざまな技術・技能を「見て」「触れて」来場者が体感できるものを出展し続けておりましたが、今回は会場内で感染症拡大防止対策を実施するコロナ禍での開催となり、当組合も実物展示を控え、活動内容のパネル展示と会員企業にご準備いただきました会社パンフレット設置によるPRとなりました。

青年経営研究会 展示製品

 また青年経営研究会では、これまで交流を図ってきました、同じく工業に携わる若手企業人で構成されている「協同組合京都府金属プレス工業会次世代経営研究クラブ」とコラボレーションによるブース展示となりました。 Withコロナ社会において、いま検討すべきこと、として昨年末、合同で開催した研修会の模様をパネル展示したことに加え、各々が実物展示しました。 青年経営研究会では会員企業2社よりアルミタンク溶接製品と表面処理技術PR製品、そして協同製作しました筐体が組み込まれた超高画質360度VRカメラの実機デモで来場者へ大いにPRしました。

京都府、山下副知事もお越し下さいました。

今回、コロナ禍で開催も危ぶまれていた中、会期中はコロナ感染症対策商品・サービス特別企画展のコーナーが新設され、厳しい状況下でもピンチをチャンスとして、新たなビジネスの芽を創出する沢山の企業が出展されており、出展者側としての目線だけではなく、来場者としても他ブースを見学し、ものづくり企業の底力を感じることができ大変勉強になった展示会でした。

これからも協同組合日新電機協力会がますます発展できるよう尽力して参りますので、今後とも皆さんのご指導をよろしくお願い申し上げます。

結びに、コロナ禍での開催につき実物展示を控え、会員企業のパンフレット設置によるPRとするにあたり、皆様へ提供をお願いしましたところ、多大なるご理解とご協力のお陰で全会員企業のパンフレット設置をもって本交流フェアを盛会のうちに終えることができました。心より感謝申し上げます。

( 記 青年経営研究会 幹事 瀬川 孝義) 

「第9回 スマート活動推進協議会」「協力会第2回臨時総会」を開催しました

 

2月3日(水)日新電機㈱内 日新アカデミー研修センターにて「第9回スマート活動推進協議会※」を開催いたしました。

(※日新電機㈱と協力会がコミュニケーションを深め、緊密に連携し問題を克服し共に成長し利益を上げていくため2019年1月に発足した活動です)

林人事部長様からのご挨拶

人事部谷口様の司会と会場の様子

 京都働き方改革推進支援センター 特定社会保険労務士 鈴木先生から「同一労働同一賃金に関する法改正のポイント」と「働き方改革助成金等」のご講演を頂きました。

講演後は3班に分かれ、各部屋に社労士の先生にお入り頂き、意見交換会が行われました。意見交換会では経営者の方達から具体的な事例を踏まえた相談が行われ、社労士の先生からも個別に丁寧なご回答を頂きました。

社会保険労務士鈴木圭史先生との意見交換会の様子

社会保険労務士木村祐大先生との意見交換会の様子

社会保険労務士山下典子先生との意見交換会の様子

  閉会の挨拶では、協力会小林総務委員長より、コロナ禍による緊急事態宣言発令の中、3蜜をさけるため徹底した管理環境をご用意下さり、中小企業の働き方改革の勉強の場をご用意下さいました日新電機様への御礼と苦境の中でも連携の力で新たな成長を目指そうという決意の言葉が述べられました。

協力会 小林総務委員長からの閉会挨拶

その後、同会場をお借りし調達部 中川主幹様にご臨席賜り、「協力会令和2年度第2回臨時総会」が開催されました。

協力会安藤理事長からの開会挨拶

調達部 中川主幹様からのお言葉

コロナ禍を契機にビジネススタイルの大きな変革があり、リモートワーク等を含め今後日常業務においてITが汎用され定着することが予測される中、組合員にiPadを貸与するとともに事務局にリモート会議等の対応が図れる機器を整備することを概要とする新しい組合情報ネットワーク(システム)の構築を図ることとし、併せこれに伴い一般会計予算補正の議案議決を行い承認されました。

「新常態ニューノーマルを創造すること」に組合員一同 力を注いで参りたいと思いますので 今後とも皆様のご指導ご鞭撻のほどお願い申し上げます

(記 協力会事務局 遠山)

 

 

 

 

 

「第8回スマート活動推進協議会」と「日新電機協力会臨時総会」を開催しました

10月26日(月)日新アカデミー研修センターにて「第8回スマート活動推進協議会」を開催致し協力会からは26社が参加しました。

「スマート活動推進協議会」とは日新電機全社を挙げて取り組んでいる「スマート活動」の成果をさらに確たるものにするために、協力会も一体となりサプライチェーン全体で取り組みを進め、これまで以上にコミュニケーションを深め、緊密に連携し問題を克服し共に成長し利益を上げていくため2019年1月に発足した活動です。コロナ禍の影響で前回2月の開催から9か月振りとなりました。 

会議では、調達部矢野部長からの挨拶、各部門の操業計画(シス装事、静止事、ソシ事)、調達部から主要業種発注予想、生産技術部本部から生産性向上についての説明が行われました。

調達部 矢野部長様

瀬川社長からの質問の様子 野本社長、井尾社長からも活発な質問が交わされました

水田社長からの質問の様子

協力会組合員からは「コロナ禍の中で クラスター発生防止の対策を充分にとりながら このような会議を開催頂いたことは 先の見えない不安の中で、とても有難いことでした」との声があがっておりました。

閉会挨拶を行う小林総務実行委員長

その後、日新電機協力会「令和2年度臨時総会」が開催され、組合員の経済的負担を極力低減させて頂く主旨で、本年度に限り通常総会で議決された賦課金の額に関しまして、組合員各位の月額賦課金を5か月間(令和2年11月~令和3年3月)7割減じ徴収させて頂くこととし、併せこれに伴い一般会計予算補正の議案議決を行い承認されました。

開会挨拶を行う安藤理事長

過去に経験しましたリーマンショックを凌ぐ非常に厳しい状況にありますが、連携の力で事業環境の変化に敏感に対応し「新常態ニューノーマルを創造すること」に組合員一同 力を注いで参りたいと思います。      

(記 事務局 遠山)

「京都ビジネス交流フェア2020」に出展いたしました

2月13日(木)・14日(金)の2日間、京都パルスプラザで「京都ビジネス交流フェア2020」が開催され、日新電機協力会と青年経営研究会が出展しました。

これは、京都府内のものづくり中小企業を繋ぐB to Bに特化した京都最大級の展示商談会であり、2日間で計5,650名の方にご来場者いただきました。

日新電機㈱小畑会長様

 日新電機協力会では協力会新聞等の掲示による活動内容および会員企業の紹介と、会員企業のさまざまな技術・技能を「見て」「触れて」来場者に体感していただくものを出展しており、今回は会員企業12社による実物展示でPRしました。

日新電機㈱ 斎藤社長様 寺本常務様

 

青年経営研究会では、ハード部分(エアロバイク、コントロールBOX)の製作を青年経営研究会が担当したことから日新電機株式会社様が社会貢献活動の1つとして行っている「小学生理科教室」で楽しく体験できる教材として製作されたエコ発電体験システムを展示。発電した電力を身近な電化製品に例え、発電量を一目でわかるようソフト面をより充実され、協同製作の可能性を来場者へ大いにPRできました。また、難関である薄板のアルミ溶接技術を主なPR要素に日新電機株式会社様とチャレンジ新たにを意味するNEW、それぞれの頭文字をとった「N」の構造品をアルミ材のみ使用で製作展示し来場者に大変興味深くお立ち寄りいただきました。

 

 開催期間中、日新電機株式会社 小畑会長様、齋藤社長様、寺本常務様、調達部の矢野様、調達部の矢野部長様、調達部の方々にお越しいただき、が当ブースにお越しいただき、出展品を体感していただきました。今後へ向けての貴重な意見も賜り、会員一同深く感謝申し上げます。

今回、新型肺炎の感染拡大が警戒される中、マスク着用の方が多くいつもと違う雰囲気での開催となりましたが、沢山の来場者によりビジネスチャンスの創出と今後に向けた課題を持つ良い機会となりました。これからも日新電機協力会がますます発展できるよう尽力していきますので、今後とも皆様のご指導を宜しくお願い申し上げます。

 結びに、エコ発電体験システム展示に際し、株式会社日新システムズ 田崎様には設営にお力添えいただき、日新電機株式会社 総務部の梶間様、長塩様には設営をはじめ、2日間にわたる製品PRまで多大なるご協力を賜りまして、本交流フェアを盛会のうちに終えることができました。心より感謝申し上げます。

 

記 青年経営研究会 幹事 瀬川孝義(瀬川金属工業㈱ 社長)   

「京都市 輝く地域企業表彰 表彰式典」 ~ 協力会組合員11社が表彰されました ~

12月16日(月) 京都経済センターにて「京都市 輝く地域企業表彰 表彰式典」が開催されました。この表彰は、地域に根差した企業活動に継続して取り組まれている事業者を京都市が表彰するものです。

135事業者が表彰されました

日新電機株式会社様は「京都市 輝く地域企業表彰 特別賞」を受賞されました。協力会組合員も、地域に長年親しまれている、安心安全への貢献、技術の継承等が評価され11社が(※下記に記載)「京都市 輝く地域企業表彰」を受賞しました。

市長から特別賞を受け取る日新電機㈱小畑会長様

代表で賞状を受け取った(株)朝日計器製作所・村木社長

中小企業を取り巻く環境は、労働者不足、地域コミュニティの弱体化、競争環境の激化といった、数々の困難に直面しています。しかしそんな時だからこそ、しなやかな強さ、あらゆる連携によって、これからも京都を拠点に地域企業として活動していくことを改めて誓いました。

「取組事例発表」をされる日新電機㈱阪尻総務部長様 発表の中で、協力会青年経営研究会の取り組みもご紹介くださり、会員はとても喜んでおりました ありがとうございました!

※(受賞組合員 あいうえお順)

(株)朝日計器製作所 ㈱井尾製作所 ㈱オーランド ㈱京芝製作所 京都精工電機㈱ 清水長金属工業㈱ 瀬川金属工業㈱ 中嶋金属㈱ 日本電気化学㈱ 橋爪鉄工㈱  ㈱素久製作所

懇親会では 門川京都市長が直接お声がけくださいました!!(安藤理事長・青年経営研究会会員と一緒に)

(記 協力会事務局 遠山)

 

協力会安藤理事長が「経済産業大臣表彰」を受賞されました!!

中小企業等協同組合法施行70周年及び中小企業団体の組織に関する法律施行60周年を記念し、協力会安藤理事長((株)オーランド代表取締役会長)が「協同組合等功労者・経済産業大臣賞」を受賞しました。

受賞理由は下記の通りです。安藤理事長 おめでとうございます!!

  • 業界の知識だけでなく幅広い見識を持ち、経営課題への対応を組織的に取り組むことで、中小企業である組合員の経営の安定・発展に寄与
  • 京都府中小企業団体中央会の理事・専務理事・副会長として永年にわたり組織管理の中核を担うとともに、中央会の常設委員会である総合政策・事業委員会の委員長として適切な事業企画・推進運営に携わることにより府内の中小企業団体の振興・発展に寄与
  • 京都府労働委員をはじめ、行政や経済団体の各種委員として中小企業の振興対策施策立案に参画

(記 協力会事務局 遠山)

「第6回スマート活動推進会議」を開催しました

12月10日(火)日新アカデミー研修センターにて、「第6回スマート活動推進会議」を開催いたしました。 

日新電機㈱人事部 林部長様からのご挨拶と会場の様子

働き方改革関連法の改正に伴い、中小企業もすでに年次有給休暇5日取得が義務化され、2020年4月からは時間外労働の時間管理上限規制が適用されます。  

会のご準備 また司会を務めてくださった 日新電機㈱人事部 宮本様

第6回スマート活動推進会議は、「働き方改革関連法の解釈」について京都働き方改革推進支援センター社会保険労務士の鈴木先生にご講演いただきました。その後、車座形式の各テーブルに社労士の先生にお座り頂き、組合員との意見交換を実施しました。 日頃企業経営に尽力されている経営者ならではの視点や具体的な実務作業に関する点など幅広く質問があり、活発な議論が交わされました。 

社労士の先生と協力会組合員の意見交換の様子

  

社労士の先生にお礼の挨拶を申し上げる小林理事 社会保険労務士 鈴木圭史 先生 /横手 崇 先生/ 藤村正弘 先生 /です

会を開催するにあたり、日新電機㈱人事部 林部長様 宮本様に大変お世話になりましたこと 厚く御礼申し上げます。

賞状を受け取る(株)オーランド水田社長

会議終了後、協力会2019年上期改善提案表彰が行われました。表彰は株式会社オーランドさんでした。おめでとうございます!!

(記 事務局 遠山)

京都府と協力会理事・青年経営研究会の意見交換会を開催 ~補助金活用と中小企業の課題について~

 

2019年10月24日、日新アカデミー研修センターにて「京都府と協力会理事・青年経営研究会の意見交換会」を行いました。

京都府からは、京都府商工労働観光部 副部長 河島 幸一 様、人材確保・労働政策課 課長 小瀬 康行 様、副主査 加藤 博 様、協力会からは 安藤理事長(㈱オーランド 会長)、小林理事(日本電気化学㈱社長)青年経営研究会から、福田代表幹事(㈱京芝製作所 取締役)瀬川幹事(瀬川金属工業㈱社長)井尾監査(協力会理事 ㈱井尾製作所 社長)橋爪会計幹事(橋爪鉄工㈱ 社長)が出席しました。 

      

京都府は「子育て環境日本一の京都を目指して!」をスローガンに「多様な働き方推進事業補助金」事業を行っていらっしゃいます。この補助金が中小企業において有効に活用されるよう、中小企業のニーズ・課題の話し合いが行われました。  

その後、「中小企業」について 下記の三点の議論が行われました。

  • 人手不足の状況、人材確保・定着に関する課題
  • 労働生産性の向上、労働時間短縮に関する課題
  • 働き方改革への対応、働き方の多様性・柔軟性への対応等に関する課題

「中小企業」(※中小企業は日本企業の99.7%、国内雇用76.8%を占める)の発展のために、真剣に議論される皆さんを拝聴・拝見し、日本という国は、こうして中小企業が連携し知恵を寄せ合い、苦難を乗り越え、産業の土台を支え発展してきたことを実感するとともに、改めて協力会の事務局を務めさせて頂いていることに感謝の気持ちを再確認致しました。

京都府の皆様 協力会理事・青研の皆様 ありがとうございました

(記 協力会事務局 遠山)