「京都市 輝く地域企業表彰 表彰式典」 ~ 協力会組合員11社が表彰されました ~

12月16日(月) 京都経済センターにて「京都市 輝く地域企業表彰 表彰式典」が開催されました。この表彰は、地域に根差した企業活動に継続して取り組まれている事業者を京都市が表彰するものです。

135事業者が表彰されました

日新電機株式会社様は「京都市 輝く地域企業表彰 特別賞」を受賞されました。協力会組合員も、地域に長年親しまれている、安心安全への貢献、技術の継承等が評価され11社が(※下記に記載)「京都市 輝く地域企業表彰」を受賞しました。

市長から特別賞を受け取る日新電機㈱小畑会長様

代表で賞状を受け取った(株)朝日計器製作所・村木社長

中小企業を取り巻く環境は、労働者不足、地域コミュニティの弱体化、競争環境の激化といった、数々の困難に直面しています。しかしそんな時だからこそ、しなやかな強さ、あらゆる連携によって、これからも京都を拠点に地域企業として活動していくことを改めて誓いました。

「取組事例発表」をされる日新電機㈱阪尻総務部長様 発表の中で、協力会青年経営研究会の取り組みもご紹介くださり、会員はとても喜んでおりました ありがとうございました!

※(受賞組合員 あいうえお順)

(株)朝日計器製作所 ㈱井尾製作所 ㈱オーランド ㈱京芝製作所 京都精工電機㈱ 清水長金属工業㈱ 瀬川金属工業㈱ 中嶋金属㈱ 日本電気化学㈱ 橋爪鉄工㈱  ㈱素久製作所

懇親会では 門川京都市長が直接お声がけくださいました!!(安藤理事長・青年経営研究会会員と一緒に)

(記 協力会事務局 遠山)

 

協力会安藤理事長が「経済産業大臣表彰」を受賞されました!!

中小企業等協同組合法施行70周年及び中小企業団体の組織に関する法律施行60周年を記念し、協力会安藤理事長((株)オーランド代表取締役会長)が「協同組合等功労者・経済産業大臣賞」を受賞しました。

受賞理由は下記の通りです。安藤理事長 おめでとうございます!!

  • 業界の知識だけでなく幅広い見識を持ち、経営課題への対応を組織的に取り組むことで、中小企業である組合員の経営の安定・発展に寄与
  • 京都府中小企業団体中央会の理事・専務理事・副会長として永年にわたり組織管理の中核を担うとともに、中央会の常設委員会である総合政策・事業委員会の委員長として適切な事業企画・推進運営に携わることにより府内の中小企業団体の振興・発展に寄与
  • 京都府労働委員をはじめ、行政や経済団体の各種委員として中小企業の振興対策施策立案に参画

(記 協力会事務局 遠山)

会員「中嶋金属(株)」さんが経済産業省METIジャーナル、日刊工業新聞に紹介されました!

協同組合日新電機協力会会員の「中嶋金属株式会社」さんが「ピンホール」をなくしたメッキ加工業者、40種類の材料を操るの内容で下記に掲載されましたのでご紹介させて頂きます。

★経済産業省METIジャーナル https://meti-journal.jp/p/240

★日刊工業新聞 https://newswitch.jp/p/13090

(記 協力会事務局 遠山)

 

組合員「アイエスケー(株)」のCSR取組のご紹介-災害用ガスバルク・ガス発電機を設置-

協力会組合員「アイエスケー株式会社」さんがCSR(企業の社会的責任)の一環として前橋市防災協力事業所として災害用ガスバルク並びにガス発電機を設置されました。

詳細はリンクPDFをご覧ください(※写真掲載もございますので是非ご覧ください)

 → アイエスケー(株)CSRの取組 

送電鉄塔用ボルト・ナット及び受配電設備の各部品の開発製造、自動車用パーツ等の製造メーカーとして、国内外にシェアを有するアイエスケー株式会社さんは、この度、前橋工場の敷地内に、災害用ガスバルク並びに非常用電源を確保できるガス発電機を設置されました。

7年前に発生した東日本大震災の尊い犠牲から得た教訓をもとに、災害発生時に地域の避難住民に非常用電源、照明器具、ガス暖房機、ガスコンロ、炊出しセットの活用を可能とする試みを、CSR(企業の社会的責任)の一環として実施されたそうです。

『前橋防災協力事務所』として認定され、事業所の保有する能力や資産を地域の重要な防災力と位置付け、地域・行政・事業所の連携した防災協力体制の強化を図っていかれるそうです。

尚、本事業は経済産業省・資材エネルギー庁からの補助金によって実現されたそうです。

(記 協力会 事務局 遠山)

日新電機様より「感謝状 創立百周年特別功労賞」を授与頂きました

平成29年11月24日(金) 日新電機㈱本社内で開催された 調達部様主催お取引先様懇談会にて、協力会が日新電機㈱齋藤社長様より「感謝状 創立百周年特別功労賞」を授与頂きました。感謝状内容は下記の通りです。

創立百周年特別功労賞 協同組合日新電機協力会殿

貴会は会員企業の経営力競争力の向上に積極的に取り組まれ時代の要求に対応できる技術力をもった企業群として弊社の百年に渡る事業活動の発展に多大の貢献をされましたのでここに感謝の意を表します

平成29年11月24日

日新電機株式会社 代表取締役社長 齋藤 成雄  

齋藤社長(日新電機㈱)と安藤理事長(協力会)

 

これまでの歴史を積み重ねてこられた先人に感謝の心をもって、更に激変する中小製造業の経営環境に一同素早く対応・連携の力を発揮し、時代をこえた“ものづくり”のプロ集団であり続けることを 組合員一同心に誓いました。

 

 

日新電機株式会社様の100周年を心よりお祝い致しますと共に、このような栄誉ある「感謝状」を賜りましたこと御礼申し上げます。

(記 事務局 遠山)

 

安藤理事長(㈱オーランド会長)が京都府より表彰されました

 6月19日(月)に京都府開庁149年を記念し、長年にわたり府の発展に貢献された方の表彰を行う「京都府開庁記念日記念式典」で、協力会 安藤源行理事長(㈱オーランド会長)が「行政委員会等委員功労表彰」を受賞しました。

                       京都府労働委員として平成18年9月

賞状を手にする安藤理事長

から現在に至る多年に渡り、労働行政の運営に貢献し、府政の発展と府民福祉の向上に功労があったものとし京都府から表彰されました。

安藤理事長 おめでとうございました!!

 

 

 

京都府労働委員会とは http://www.pref.kyoto.jp/kyoroi/

労働者・労働組合と使用者との間の雇用・労働条件に係る諸問題については、労使双方が誠意をもって話し合い、自主的に解決していくことが最も望ましいことですが、時には話合いがまとまらないこともあります。また、個々の労働者と事業主との間の労働条件などをめぐる争い、いわゆる個別労働関係紛争でも、こじれて、話合いすらできないこともあります。労働委員会は、このような場合に公正・中立な立場で労使紛争を迅速・円満に解決して、労使関係の安定を図るために設置された、独立の権限を持つ行政機関です。

(記 協力会事務局 遠山)

「モノづくり・プリザーブ」設立総会に出席

 平成26年11月5日、京都リサーチパークにおいて開催された「モノづくり・プリザーブ」設立総会で、安藤理事長が関係機関・団体代表として挨拶を行いました。
 「モノづくり・プリザーブ」とは、京都企業のモノづくりに関する情報を産業スパイやサイバー攻撃等から守ることを目的に設立されました。京都府警察、京都府、京都市及び産業団体・先端技術保有企業等(約800社)により、京都府警の「京(みやこ)すぐメール」を活用した双方向型の情報ネットワークを構築し、サイバー攻撃、インテリジェンスに係る情報提供・区間、注意喚起、助言等の取組みを行うものです。
 今後会員の皆様には「モノづくり・プリザーブ」からの情報を配信させて頂きます。