「第8回スマート活動推進協議会」と「日新電機協力会臨時総会」を開催しました

10月26日(月)日新アカデミー研修センターにて「第8回スマート活動推進協議会」を開催致し協力会からは26社が参加しました。

「スマート活動推進協議会」とは日新電機全社を挙げて取り組んでいる「スマート活動」の成果をさらに確たるものにするために、協力会も一体となりサプライチェーン全体で取り組みを進め、これまで以上にコミュニケーションを深め、緊密に連携し問題を克服し共に成長し利益を上げていくため2019年1月に発足した活動です。コロナ禍の影響で前回2月の開催から9か月振りとなりました。 

会議では、調達部矢野部長からの挨拶、各部門の操業計画(シス装事、静止事、ソシ事)、調達部から主要業種発注予想、生産技術部本部から生産性向上についての説明が行われました。

調達部 矢野部長様

瀬川社長からの質問の様子 野本社長、井尾社長からも活発な質問が交わされました

水田社長からの質問の様子

協力会組合員からは「コロナ禍の中で クラスター発生防止の対策を充分にとりながら このような会議を開催頂いたことは 先の見えない不安の中で、とても有難いことでした」との声があがっておりました。

閉会挨拶を行う小林総務実行委員長

その後、日新電機協力会「令和2年度臨時総会」が開催され、組合員の経済的負担を極力低減させて頂く主旨で、本年度に限り通常総会で議決された賦課金の額に関しまして、組合員各位の月額賦課金を5か月間(令和2年11月~令和3年3月)7割減じ徴収させて頂くこととし、併せこれに伴い一般会計予算補正の議案議決を行い承認されました。

開会挨拶を行う安藤理事長

過去に経験しましたリーマンショックを凌ぐ非常に厳しい状況にありますが、連携の力で事業環境の変化に敏感に対応し「新常態ニューノーマルを創造すること」に組合員一同 力を注いで参りたいと思います。      

(記 事務局 遠山)