協力会青年部 青年経営研究会 第61回通常総会開催

6月16日、日新電機㈱購買会議室にてご来賓として、調達部企画部、中川部長様、池内主任様、協力会安藤理事長にお越し頂き、「青年経営研究会 第61回通常総会」が開催されました。

ご来賓調達部企画部中川部長様からの御挨拶

青年経営研究会は、日新電機協力会の次世代を担う青年経営者が、相互研鑽の場として集い、連携の絆を深めるため昭和36年に設立されました。(会則による年齢に達し今期3名卒業、現在の会員は5名です)個性ある先輩方が、それぞれの時代に、青年の志をもたれ、悩み、喜びを分かち合い、真剣に明日を考えて活発な活動をされてこられ今年度で設立61年を迎えました。

卒業される㈱井尾製作所 井尾社長

卒業記念品を瀬川代表幹事から授与される㈱京芝製作所 福田取締役

青年経営研究会の活動の場におきまして、経営のルール、社会ルール、事業のあり方等多くを学び、縦糸と横糸をつむぐような人間関係をつくって活動しています。歴史ある青年部の活動を未来に繋げられるよう日々精進してまいりますので、今後ともご指導ご鞭撻のほどお願い申し上げます。 

ご来賓安藤理事長からの御挨拶

(青年経営研究会 会員)

代表幹事           瀬川金属工業㈱                  代表取締役社長    瀬川 孝義

副代表幹事       ㈱朝日計器製作所              取締役                  村木 健二

幹事                  橋爪鉄工㈱                         代表取締役社長    橋爪 靖典

幹事                  京都精工電機㈱                  製造部長              浦出 道明

会員                  富士ウェルテック㈱           専務取締役           柳内 邦彦 

 

ミャンマー人技能実習生が協力会組合員4社での技能実習を開始しました

協力会組合員4社(㈱オーランド、㈱朝日計器製作所、㈱京芝製作所、瀬川金属工業㈱)が日新電機㈱様にご支援頂き、ミャンマー人技能実習生を計5名採用しました。

コロナ禍で2年半受入が延期となっていましたが、6月7日ようやく採用企業と実習生の顔合わせが、技能実習の開始にあたり行われました。

ミャンマー人技能実習生からの自己紹介

 技能実習生の皆さんは日本へ入国できない期間も、日本で働くモチベーションを高く持ち、語学の勉強等を続け努力されてきました。

技能実習生からの自己紹介は、日本語で希望一杯の豊富が語られ、受入企業からは「ずっと待っていました」「何より大事なことは安全第一です。怪我無く技術や日本語を習得してください」といった暖かな言葉が交わされました。

面接から受入までご支援を下さった法務部 井門部長と小城さんから実習性へ「いつでも相談してください」と心強いメッセージが送られました

3年間の技能実習修了後、実習生は、自身の希望するキャリアプランに応じて、帰国し日新電機ミャンマー㈱での採用機会を利用するか、認定を受け更に2年間日本での実習を継続するか、など選択できます。実習生が様々なフィールドで能力を発揮し活躍できるよう、これからも日新電機㈱、日新電機ミャンマー㈱、並びに協力会が連携し、支援していきます。

参照記事:https://nissin.jp/news/200115/

(記 協力会事務局 遠山)