スマート活動推進協議会を開催致しました

3月、4月2回に渡り下記の内容でスマート活動推進協議会を開催致しました。

(第13回)開催日時: 3月29日 15時00分~17時00分

開催場所: 日新アカデミー研修センター

出席者 : (日新電機㈱):5名 (協力会):23社 23名

1.調達方針の説明 

  理事 調達部 部長 矢野 稔夫 様

2.日新電機が進めるDX」構想について 

  理事 情報システム部 部長   高橋 浩史 様

3.中小企業における情報システムの活用

  京都コンピュータシステム協同組合 理事長 桂田 佳代子様

 今後の企業運営や事業展開において「DX」の推進は避けては通れない重要なテーマです。日新電機における現在のDX取組状況と今後の活動骨子についてご説明頂きました。併せて昨今、活動が活発化しているマルウェアに関するセキュリティインシデントについて注意喚起も含めご紹介頂きました。又、中小企業が取り組みやすい「ITを活用した営業」事例も多数ご紹介頂きました。

 

(第14回)開催日時: 4月25日 13時30分~16時30分

 開催場所:111建屋2階 AB会議室

 出席者 :(日新電機㈱):11名 (協力会):25社 27名

1.操業計画の説明 各部門(シス装事、静止事、ソシ事、ITF)

2.主要業種発注予想 調達部

3.先進技術活用による生産性向上活動のご紹介 生技

4.協力会CO2削減効の効果発表

   ㈱朝日計器製作所 瀬川金属工業㈱ ㈱京芝製作所

   ≪オブザーバー≫一般社団法人京都知恵産業創造の森様 京都商工会議所様

           NPO法人京都シニアベンチャークラブ連合会様

5.持続可能な地域社会の実現に向けた取組み 京都銀行様

 前半は日新電機各部門からの「操業計画」、「主要業種発注予想」「生産性向上活動」について説明が行われました。

後半は、省エネ・節電・EMS診断結果を、㈱朝日計器製作所 瀬川金属工業㈱ ㈱京芝製作所に発表頂きました。「診断により各設備の実質の使用量を明確にして頂き、加工機以外の空調や水銀灯の電力使用量が多い事を学びました」「1トンのCO2は杉の木、71本をもって1年かけてやっと吸収できる量 現状の排出量を杉の木でたとえ何本分になるかを想像し意識が大幅に変わりました」等、診断を実際に体験して得た経験発表に協力会組合員も真剣に耳を傾けていました。品質はもちろんのこと、環境面に配慮したものづくりがより一層大切であると認識することが出来る会となりました。

(記)事務局 遠山

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です