清水長金属工業株式会社

 

 

 

 

 

 

 

業種   金属製品製造業 電気めっき業
住所   〒601-8446 京都市南区西九条高畠町31番地
TEL  075-681-7331
FAX  075-691-2348
URL  http://www.shimizucho.com/
E-Mail   c.s.-kanrieigyo@shimizucho.com

代表者  奥田 昌幸
連絡先  管理営業部
創業   大正12年2月
会社設立 昭和19年7月
資本金  1,500万円
決算期  2月
従業員数 48名(パート2名含)
納入先  日新電機(株)、IDEC(株)、(株)島津製作所、ニチコン(株)、
     (株)堀場製作所、日本電産シンポ(株)、(株)村田製作所、他300社

会社の歩み
 大正12年 清水長鍍金工業所の称号にて創業
 昭和19年 清水長金属工業株式会社 設立
 昭和44年~ 自動化を目指し、設備を新設、稼働
 現在 創業100年を目指し、機能めっきを主とした表面処理加工を行っている

会社の特色
 重厚長大から軽薄短小まで様々な形状の製品・小物製品の量産に対応。
 また精密ラインにより難素材・精密機器・寸法精度対応。
 環境面では、エコアクション21を活用し「地域」「地球」の環境を守るべく配慮に努め欧州指令や各社グリーン調達にお応えできる様、規制有害化学物質を使用しないめっき技術の提供に積極的に取り組んでおります。

事業内容
 電気めっき:銅・ニッケル・クロム・銀・亜鉛・黒ニッケル・錫-コバルト合金・
       ニッケル-鉄合金・ニッケル-コバルト合金
 化学めっき:ニッケル-リン・ニムテック

製品
六価クロム代替皮膜 光沢・無光沢錫めっき 亜鉛3価めっき    ニムテック
錫-コバルト合金             外観・耐食タイプ

先端技術・独自技術
 ニムテック
  無電解ニッケル-テフロンめっきの事で、めっき皮膜中にPTFE(テフロン)を
  共析させた複合めっき皮膜です。特徴としては、低摩擦性・離型性・撥水性・
  滑り性に優れ、搖動部品等に対する機能向上が期待できます。
  又プラスマイナス1μmでの膜厚精度管理が可能となります。
  また熱処理を施す事により硬度が増し、更なる機能を付与する事が出来ます。

機械設備

機械名称 型式・能力 メーカー名 台数
全自動亜鉛めっき装置 2400×350×1200   一式
手動亜鉛バレルめっき装置 3~20Kg   一式
全自動回転亜鉛めっき装置 25~100Kg   一式
全自動装飾めっき装置 2400×350×1200   一式
手動精密装飾めっき装置 400×300×600   一式
全自動回転装飾めっき装置 2~18Kg   一式
手動精密機能めっき装置     一式
総合排水処理装置     一式
液体ホーニング装置 ガラスビーズ ナニワブラスト工業 1台
乾式ファインブラスター装置 エメリー 大鋳 1台
回転ブラスター装置 スチールグリッド 大鋳 1台
ターンブラスター装置 スチールグリッド 大鋳 1台
蛍光X線膜厚測定器 SFT-9200 セイコーインスツルメンツ 1台
塩水噴霧試験機 ISO スガ試験機 1台
デジタルマイクロスコープ RH-2000 ハイロクス 1台

資格等  エコアクション21

加入団体 協同組合日新電機協力会
     島津協力会
     京都府鍍金工業組合
     京都商工会議所
     (公社)京都工業会

 自動亜鉛めっきライン         手作業による精密品ライン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です