株式会社セノオ

 

 

 

 

 

 

業種   絶縁紙加工・板金製缶・制御盤組立など
本社工場 〒601-8151 京都市南区上鳥羽塔の森東向町24-2
     TEL 075-661-5117  FAX 075-661-5048
第一工場 京都市南区吉祥院嶋野間詰町14(絶縁紙加工)
第二工場 京都市南区上鳥羽馬廻シ14-4(制御盤組立)
第三工場 京都市南区上鳥羽大柳町46(板金製缶・機械加工)
E-Mail   senoo@beach.ocn.ne.jp

代表者  妹尾 勝善
連絡先  営業 柏原
創業   平成2年4月
会社設立 平成2年4月
資本金  1700万円
決算期  3月
従業員数 35名
納入先  日新電機(株)、東芝産業機器システム(株)、旭電気(株)、(株)オーランド

会社の歩み
 平成 2年 会社設立 日新電機殿へ絶縁紙加工品納入
 平成 4年 本社工場新設 京都市南区上鳥羽馬廻シ14-4
 平成10年 紀伊水道直流連系プロジェクト向け超高電圧絶縁紙加工品納入
 平成11年 日新電機殿よりVS制御箱組立の受託生産開始
 平成19年 工場新設 本社移転 京都市南区吉祥院嶋野間詰町14番地
 平成21年 第三工場(板金・製缶)京都市南区上鳥羽大柳町46番地
 平成25年 東芝産業機器システム殿より制御盤組立の受託生産開始
 平成25年 工場新設 本社移転 京都市南区上鳥羽塔の森東向町24-2

会社の特色
 ①設計~板金~組立配線まで自社で一貫生産、
  幅広いニーズに素早くお応えできます。
 ②工場は、全高のある盤・箱体でも対応可能な
  十分な製造スペースを確保しています。
 ③絶縁紙(プレスボード)の様々な切削・折曲げ等の
  高精度な加工技術があります。

事業内容
 ①高電圧コンデンサ・トランス用絶縁紙加工
 ②制御盤配線組立・無電圧タップチェンジャ製造など
 ③板金・製缶・機械加工

製品
 厚み6㎜以下なら乾いた状態で
 30Rに曲げられる弊社オリジナル
 加工技術品             ニーズに即してプレスボードを様々に加工

 弊社設計の制御盤

機械設備

機械名称 型式・能力 メーカー名 台数
レーザー加工機 5×10 3K 三菱電機 1
レーザー加工機 4×8 2K 三菱電機 1
ブレーキプレス 80t アマダ 2
溶接機(アーク・半自動・アルゴン) ダイヘン・パナソニックなど 11
シャーリング 1
その他 精密メタル切断機、ボール盤、コーナーシャー、旋盤、フライス盤、セットプレスなど
コーナーL折曲機 3.5m セノオ 1
耳付レアー紙加工機 セノオ 1
NCルーター 1475×3650 平安製作所 1
シャーリング アマダ 1
油圧プレス 2500 150t 井上油圧 1
油圧プレス 1850 50t 井上油圧 1
プレーナー シンクス 1
その他 クロスカットソー、大型糊つけ機、ローラー、ボール盤、リングカット機など

資格等  KES STEP1

加入団体 協同組合日新電機協力会

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です